スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムSES 第2話 『始動』 (3) 

WR本部 医務室




 WR本部の医療機関は2つある。一つは医療センター、もう一つは医務室。後者がWR本部内の施設に3箇所ほど設けられている。

 前者の医療センターは入院設備や手術室、エマージェンシー・ルームER集中治療室ICUまでも備え、高度な医療を受けることが出来る場だ。

 さすがに大病院クラスの病室やベッド数は備えていないが。

 後者の医務室は、風邪やインフルエンザ(流行性の場合は司令室へと報告され、感染者は完治するまで私室での待機が固く命じられるが)といった軽い病気の患者。

 または入院で高度な治療は必要としない軽傷を負った患者達が訪れる事になる医療機関である。

 これもまたレジスタンスとは思えない設備を持った施設ではあるが、8人の各方面の専門医と15人の看護士、そして衛生兵経験のある元軍人などが協力して運営している。

 そして、模擬戦において決着の際に頭を強く打ち脳震盪を起こした祐一は、医務室の方に運び込まれていた。


続きを読む

スポンサーサイト

とらドラ! 23話感想 

とらドラ! 23話(までの)感想です。
以下、若干のネタバレ含みます。

続きを読む

CLANNAD AFTER STORY 第18話感想 

CLANNAD AFTER STORY、第18話の感想です。
なお、ガンダムSESは明日には更新できると思われます。

以下、ネタバレ含みます。

続きを読む

CLANNAD AFTER STORY ここまでの感想 

前回、クラナドアフターの感想を書いてから1ヶ月以上経過しているわけですが、ここまでの著し過ぎるほどの変化を遂げたCLANNADの感想を書いてみようと思います。

その前に、やっとガンダムSESを更新できました。(3)は現在完成率6%、来週の日曜にはまた更新したいなあ……と願望を思ってみる次第です、はい。


以下、CLANNADのネタバレ含みます。

続きを読む

ガンダムSES 第2話 『始動』 (2) 

 迫る壁、落ちない速度。

 策を見破っていた北川は、ライフルの標準をカースにつけ、減速に対応できるようスロットルにも手を掛けた。これなら突然の減速にも対応でき、一瞬で撃墜判定を祐一に下すことができるだろう。

 北川のクランは自分の勝利の方程式を気付かれないよう、決着のときの標準を頭の中で調整しつつ、相変わらず祐一に向けてある程度狙いをつけた、でも当てる気のない射撃を続ける。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。